東京に30年住んだ私が東京グルメを語ります。

東京は古くからの町で、歴史があり、物価も安いので、安く美味しくが見つかる街と言えます。また、徒歩圏内に柴又など由緒あり、観光名称と言ってもいいところがあるので、グルメ散策にはとても楽しめる街です。鰻や定食屋には事欠かないのでしょうか。東京は海に近いところに位置してるので、お魚の食べ物がとても美味しいです。江戸川区なので有名なのは、江戸前寿司ではないでしょうか。今現在は少しずつ寿司ネタが復活しつつあるといわれています。ちょっと足をのばせばディズニーリゾートでの優雅な食事もできます。都内の端っこ、下町情緒を感じることができる土地、東京。私はこの地で30年暮らしていました。東京にはファミレスはもちろん、チェーンのカフェや牛丼店、ファーストフード店、それ以外に昔ながらの個人経営の食堂などがあります。
東京グルメではずせないのは、まずラーメン屋さんが意外と多いことと、お刺身のとびきり美味しいお店があることではないでしょうか。駅から徒歩圏内で、八丈島の美味しい島寿司や刺身が食べられるのです。価格も良心的でお勧めですし、ぜひ東京グルメを楽しんでいただきたいです。

東京で戸建てを持つならどこがいいか

東京で戸建てを持つことは、家を所有するということを考えたことがある人なら、だれでも夢見ることではないでしょうか。現在は、IターンやUターンといった、地方回帰的なところもありますが、やっぱり東京に住んでみたい。という希望を持つ人は多いと思います。東京で戸建てを持つならどこがいいと思いますか。どこじゃなければいけないとまでは言いませんが、生活に便利なところ、仕事に行くのに移動しやすいところなど、住みたい場所としてはいろいろあるでしょう。どこがいいでしょうか。
どこにしなければいけないということはないですが、人気が高いのは吉祥寺だと聞いています。大型百貨店や商店街があり、井の頭公園もあることからかなり住みやすいと聞いています。人気がある理由もよくわかります。他にも下北沢や自由が丘などが人気が高いらしいです。基本、大型デパート、商店街、公園、都心への移動のしやすさなどが重要なのでしょうか、そういう所に住みたいという人が多いようです。東京で戸建てを持つならそういったところがいいのでしょうか。こうした場所は、人気の住宅立地、場所といった題名でよく雑誌で特集を組まれています。地価の公表に合わせて、下落したところや上がったところ、根強いところなどと併せて記事が書かれていて、すでに購入した人やこれから持つ人にとってはとても興味深い記事となっています。ダイヤモンドや東洋経済といった経済紙でも特集が組まれてることがあり、読み応えがあります。
東京でなくてもだいたいこんな感じなのでしょう。ただ、人気の場所となると少々値段が高くなってしまうのが問題です。いい場所に住みたければ飲酒や喫煙、旅行や外食などを控えるなど、十分に節約しなければ行けないでしょう。「東京の住みやすい街ベスト10」などといったタイトルでよく雑誌の特集が組まれています。色々な指標を基にランキングされているのでしょうが、やはり自分の価値観等と違うことから、納得できないこともあります。しかし、いつも上位にランキングされる恵比須や下北沢などは都心にありつつも自然が多く、スーパーや学校ショッピングなどの施設も充実しており納得できます。また、世帯もしっかりしたところが多く、自治体という観念もしっかりしているところなので、比較的犯罪抑制や地域の防犯といったことに強く安心していられます。また子育て世代としては、公立小学校がしっかりしているということも安心で、土地代が高くても私立に子供を通わせることを考えると、割安なのではないかと思います。

Copyright © All rights reserved.東京の不動産 東京の住宅不動産.